現物の配当金受取方法

現物の配当金受取方法

現物の配当の受取方法について

現物の配当金の受取方法は4つある。

①株式数比例配分方式
②登録受領口座方式
③個別銘柄指定方式
④領収書方式

まず、株式数比例配分方式と登録受領口座方式は1社の証券会社で手続きすると、保管振替機構を通じて他社も同様に切り替わってしまう。

A社で株式数比例配分方式をするとB社も保管振替機構を通じて株式数比例配分方式に変化してしまうのだ。登録受領口座方式も同様の扱いとなる。

①株式数比例配分方式であるが、この配当の受取方式は、証券口座で受取る配当金の方法である。株式数比例配分方式で受取ることによって特定口座源泉有りだと通常は配当金との損益通算が自動的にされる。証券会社によっては+損益通算有という手続きも必要な場合がある。一般的には株式数比例配分方式と特定口座源泉有りであれば株式の譲渡損益と配当金との受取分が損益通算され、還付があれば翌年初に自動的に還付されるのだ。

②登録受領口座方式は、全ての証券会社の配当金を登録した1つの銀行口座で受取る方式である。ただ、この受取方式だと配当金と譲渡損は自動的に損益通算されないので、通算する場合は申告が必要である。

③個別銘柄指定方式は一つ一つの銘柄ごとに別々の銀行口座で受取る方式である。この個別銘柄指定方式は銘柄によってはゆうちょ銀行が登録できたりしなかったりできたりする。詳しくは保管振替機構に記載がある。当然譲渡損益との通算は確定申告が必要である。
https://www.jasdec.com/download/ds/meigara-yucho.xls
個別銘柄指定方式ゆうちょ銀行可否

④領収書方式は、郵便局や銀行の窓口で領収書を金銭に交換する方式である。当然譲渡損益との通算は確定申告が必要である。

配当金の受取方式で特に気を付けないといけないのがNISAの口座を使う場合である。株式数比例配分方式でないと配当金の非課税措置が受けれないということになるので株式数比例配分方式にするようにした方が無難なのである。

 

①株式数比例配分方式以外は譲渡損益と損益通算する場合は別途確定申告が必要なのだ。
配当金というのは一般口座も特定口座源泉無しも発行会社で税金が20.315%惹かれている。この内訳は15%の所得税(国税)に2.1%を乗じた0.315%と住民税5%を合計した分で20.315%となる。

 

 



スポンサーリンク



コメントを残す


サブコンテンツ


スポンサーリンク





「相場リンク・元証券ディーラーのメルマガ」登録